鳴海靖郎OB(S43年卒)世界マスターズで金メダル


画像中央右が鳴海OB

 9月4日から16日までマラガ(スペイン)にて開催された「第23回世界マスターズ陸上競技選手権大会」において、鳴海靖郎OB(S43年卒,S44年了)が4x400mR(M70クラス)で金メダルを獲得致しましたので、結果を報告します。

【世界マスターズ・2018】
<男子:M70クラス>
・種目:男子300mH
日付:6日9:55
選手:鳴海靖郎
記録:58秒58
順位:予選1組6着

・種目:男子400m
日付:11日12:50
選手:鳴海靖郎
記録:76秒38
順位:予選2組3着

・種目:男子4x400mR
日付:16日16:15
選手:小川忠治-相羽吉男-鳴海靖郎-山崎雅彦
記録:4分45秒85
順位:金メダル獲得

 鳴海OBは帰国後、22日から24日まで布勢(鳥取県鳥取市)にて開催された「第39回全日本マスターズ陸上競技選手権大会」に出場し、男子300mH(M70クラス)で銀メダルを獲得するなど、精力的に活動されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です