大会結果報告161127/OBニュース

高田由基さん(平成19年卒)が、11月27日にスペインで開催された「第29回 IAU 100km世界選手権」に日本代表として出場し、団体銀メダル獲得に貢献致しましたので結果をお知らせ致します。

【第29回IAU100km世界選手権大会】
種目:個人男子
選手:高田由基(愛知陸協・愛知)
結果:6時間54分54秒
順位:第23位
…また上位3名の合計タイムで競う国別対抗では、男子が銀メダル、女子が金メダル獲得の結果を残しました。

-高田由基さんのコメント-
ロスアルカサレスで行われた「第29回IAU 100km世界選手権」(男子:35か国、120人が出場)に日本代表として出場させていただきました。中盤までは設定通りのペースで走ることができていましたが、後半失速してしまい、自己ベストより10分以上遅いタイムで、力不足と勝負の厳しさを痛感させられる結果となりました。
一方、チームJAPANとしてともに戦った仲間との絆、各国の選手との交流は私の大きな財産となりました。レースのことだけでなく、こうした経験も学校で子どもたちに伝えていきたいと思います。
最後に、気持ちよく送り出していただいた職場の皆さま、児童・保護者、応援してくださったすべての皆さまに心から感謝申し上げます。今後も「先生」として「ランナー」としてがんばっていきたいと思います。

日本陸連記事はこちら
大学のwebページにも記事が掲載されております。
画像はご本人よりご提供いただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です